• このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品のoem供給メーカーを選ぶは納期スピードや小ロット対応

化粧品の開発や製造は膨大なコストが掛かりますが、これをoem供給しているメーカーを利用すると、コストを抑えた形で製品作りが出来るようになります。 メーカーを選ぶ時には利用目的に応じて小ロット生産が可能な会社、短い納期で納入して貰えるスピードなど踏まえて選ぶのがお勧めです。 新聞などのメディアの中で取り上げられているような、また試作品を何度でも作ってくれるメーカーも存在しますが、そういったことに加えて、原料や資材などの持ち込みが出来る、ロット数も少ないものでも対応してくれるなどのメリットがある場合もあります。 販売店で使うのか、それともノベルティなどで配布するのか、利用目的に応じて必要数量は変わりますし、販売店と言っても実店舗販売になるのか、通販店になるのかによっても注文数が変わるわけです。

注文してから納入までの時間が短いメリット

オリジナル化粧品は自社開発だけではなく、oem供給を行っているメーカーを利用しても製品化が可能な時代です。 供給元のメーカーに試作品を依頼して、製品化を進める事になるので、実質開発コストは掛からない事になります。 安く仕入れて販売が出来るのが魅力になるわけですが、注文を行ってから納入までのスピードも考えておく必要があります。 納期が短縮出来るか否かはメーカーの実績の中で把握が出来ます。 例えば、企画実例が100種類以上の実績を持つメーカーで、短期間に納入する事が出来た実績を持っていれば安心にも繋がります。 ここで問題になるのは最小ロットの数です。 必要な数量が多い場合には特別問題はありませんが、100個程度の数で注文したい場合には、ロット数が100になっている必要があります。

目的に併せてロット数を確認しましょう

化粧品のoem供給が可能なメーカーはインターネットを使う事で探せますが、メーカー毎に最小ロット数の数字が異なっています。 メーカーの中には100個から可能にしている所もありますが、中には最小300個などのようにロット数が多いケースもあります。 オリジナル品を通販のお店の中で紹介を行い、お店のアピールにもしたい場合があります。 商品にはお店のブランドなどを入れて販売が出来るメリットがあるわけですが、ロット数が300個などの数になった時に商品在庫の保管スペースなどが問題になるケースもあります。 納期スピードが速いメーカーであれば、ロット数が少ない方が在庫品を抱える必要もなくなりますし、在庫品を抱えずに済むと言う事は保管スペースの事を考える必要もないなどのメリットにも繋がります。

ピックアップ記事