• このエントリーをはてなブックマークに追加

oemによる小ロットのオリジナルブランド化粧品の製造

これまでは商品の製造というと、ある程度の規模の企業が同一規格の製品を大量に製造して販売していましたが、最近では利用者個々の需要に応えるためオリジナルの製品を小ロットで製造し販売する小規模な企業が増えてきました。一般的に個別の需要への対応は製造にかかる費用に対して見合った収益が得られないので、ビジネスとして成り立たないのですが、最近はoemとして製造部分をアウトソーシングにより委託することで低価格で製造することが出来るようになったため、このようなビジネスが可能となったのです。では、なぜoemを受ける側はこのような個別の需要へ対応することが出来るようになったのでしょうか。すべてに対して当てはまるわけではないですが、その理由について考察していきましょう。

3Dプリンターの登場による製造革命

2013年以降低価格での個別注文への対応がトレンドとなりました。これは3Dプリンターの登場により誰でも簡単にオリジナルの作品を製造できるということで一躍注目を浴びたのです。これにより小ロットでのオリジナルブランド商品を作ることが可能となり、変わった形の造形物が多数生まれました。たとえば自分の好きなキャラクターの3Dデータを作成し、3Dプリンターで出力することで世界に1つしかないオリジナル作品を楽しむことも簡単に出来るようになったのです。
また、設計から製造までのリードタイムが短いことも特徴で、大量生産の場合はまず鋳型を作ってそこから製造が始まるのですが3Dプリンターの場合はいきなり製造に入れるためスピードが速いのです。そのためプロトタイピングの製造の分野でも大変需要がありました。

共通工程部分のシェアによる製造の効率化

しかしoemにおいて、必ずしも3Dプリンターが必要というわけではありません。製品種別によっては製造工程においてどの製品でも共通する工程を持つものがあり、その共通工程部分を多数の注文でシェアすることで効率化することにより小ロットの製品への個別注文へ対応している企業もあります。例えば化粧品について考えてみると、化粧品の本体(液体部分)は共通化して製造し、容器だけを分けるだけでオリジナルブランドを簡単に作ることが可能です。もしくは化粧品のフレイバーとなる材料の分量を多少変えるだけでも簡単に個別製品を作ることが可能です。
このように製造工程を工夫することで大企業では対応出来ないような個別の需要に対応することが可能であり、近年のトレンドとなっているのです。

オリジナル美容商材の小ロット製造の製作事例をご紹介しています。 フルオーダー商品の作製を得意としている信頼ある企業です。 OEM会社でコストを抑えた製品作りを行っています。 商品打ち合わせ後のデザインや納品までの流れをご覧いただけます。 安心して商品作りを一緒に進めていけるよう、OEMという形がオススメです。 小ロット対応のため、在庫リスクの心配がありません。 化粧品のoemを小ロットでお考えなら

ピックアップ記事